商用でも無料で使える!日本語Webフォントまとめ


商用利用可!日本語Web Fontまとめ

まだまだ敷居の高い日本語Webフォントですが、商用でも無料で使えるサービスについてまとめてみました。

Webフォントが注目されて久しいですが、英語などの1バイトフォントとは比較にならないファイルサイズの重さや、フリーで使えるフォントの少なさなどからまだまだ敷居の高い日本語Webフォント。特に商用利用となると、その性質からますます選択肢が狭くなってしまいます。

月額費用を払って有償の日本語Webフォントサービスを使えばよいという話かもしれませんが、個人事業や小規模事業者さんではなかなかそのランニングコストを捻出するのが難しいのが現実だと思います。そこで、実務で使える品質がありながらも商用利用でも無料で使えるサービスを調べてみましたので、備忘も兼ねてまとめておきます。

Webフォントのメリット・デメリット

まずはごくごく簡単にWebフォントを使うメリットとデメリットをおさらいしておきます。

メリット

  • さまざまなデバイスで同じフォントで表示できる
  • 文字を画像化しないので、レスポンシブデザインに向いている
  • 文字修正が入っても画像編集ソフトを使わずに容易に変更できる
  • “文字”として存在するのでSEO的にも有利

デメリット

  • 欧文とは違い、文字数が多いので読み込みに時間がかかる(表示が遅くなりがち)
  • ランニングコストがかかる

ここでは冒頭にもある通り、あくまでアクセス数の限られた小規模サイトを想定して、デメリットの2つ目、ランニングコストの問題をどうにかクリアする方法を模索します。
以下、実務でも使えそうだと思えた商用利用も可能な無料サービスです。

Google Noto Sans

Noto SansはAdobeとGoogleが共同開発したオープンソースのフォントファミリーです。後述しますが、Adobeからは「源ノ角ゴシック」としてリリースされています。最新のバージョンでは「SIL Open Font License 1.1」となっており、ライセンスの問題をほとんど気にすることなく使用することが可能です。
Thin、Light、Demi Light、Regular、Medium、Bold、Blackの8ウェイトが揃っており、また、ページビューによる課金などもないので、いろんな意味でこれほど使いやすいものは他にはないと思います。

(画像は公式サイトより引用(部分))

使い方もいたって簡単、googleapis.comのCSSを読み込み、必要な箇所でfont-familyを指定するだけです。

無料でウェイトが豊富だからといって、たくさんのウェイトを使わないようにしましょう(重くなります)。
Google公式の解説とフォントのダウンロードは以下から。

Google Fonts:Noto Sans JP (Japanese)
Noto Sansのダウンロード(Noto Sans CJK JP)

TypeSquare[タイプスクウェア]

TypeSquare

フォントベンダーのモリサワが提供しているWebフォントサービスです。
基本的には費用がかかりますが、スタンダードの「無料」プランを利用すれば、1書体に限り1万PV/月まで利用することが可能です。1万PV/月を越えた場合は、同月内のフォントの配信が止まるということです。
1万PV/月というのは少ないようにも思いますが、豊富なフォントの中から好きなものを自由に選べるメリットは大きいですし、個人や町の商店などのWebサイトであればPVの制限内でも足りるかもしれません。仮に1万PV/月を越えてしまっても大きな問題にはならないのではと思います。

2016年8月23日からは、特別なスクリプトなどを必要とせずに、CSS(font-feature-settings)だけで簡単に文字詰めができるようになったということです。

また、無料というと語弊がありますが、MORISAWA PASSPORTを契約している場合は、すべての書体を利用ドメイン数に制限なく1,000万PV/年まで追加料金なしで使用できる「MORISAWA PASSPORTプラン」が利用できるということです。

TypeSquare[タイプスクウェア]
TypeSquare:スタンダードプランを使ってみよう!

Adobe Typekit[タイプキット]

Adobe Typekit

名前の通り、Adobeの提供しているWebフォントサービスです。
こちらも基本的には費用がかかりますが、「無料」プランが用意されており 2.5万PV/月、2個のファミリーを利用することが可能です。
TypeSquareと比較するとPV制限にかなり余裕がありますが、「無料」プランで選べるフォントは「源ノ角ゴシック」、「平成角ゴシック」、「平成丸ゴシック」、「平成明朝」の4つしかありません。ただし、“ファミリー”での利用ができますので、フォントが気に入ればTypekitの方がより自由な表現ができそうです。

Adobe Typekit:プラン

さくらインターネットのモリサワWebフォント

Sakura Internet

少し番外編という感じではありますが、「さくらのレンタルサーバ」スタンダードプラン以上、または「さくらのマネージドサーバ」でWordPressを使用する場合に、追加料金なしにモリサワのWebフォントが利用できるということです。
WordPressに専用のプラグインをインストールするだけの簡単操作で、「TypeSquare」から提供されるリュウミンやフォーク、UD新ゴなど30書体が利用でるようです。PV制限は2.5万PV/月とTypekit同様です。

追記:
2016年9月14日より、対象プランであればWordPress使用の有無にかかわらず無料で利用できるようになりました。

(画像はプレスリリースより引用)

モリサワ日本語Webフォントがサーバ代込みで515円〜。コストをかけずに、気軽に豊富なフォントを使える点はかなり魅力的ですね!これからサーバーの契約をされる方や、サーバーの移転を計画されている場合は検討されてみてはいかがでしょうか。

さくらのレンタルサーバ スタンダード
プレスリリース:さくらのレンタルサーバ モリサワWebフォント