高品質!手書き風デザインの欧文フォントまとめ


手書き風 High Quality Fonts

デザイン業務にも使える、品質が高い手書き風デザインの欧文フォントまとめです。

つい最近、手書き風デザインをする機会があり、手書き風の欧文フォントを探しました。
あまり予算に余裕がなかったこともありフリーフォントに絞って探してみましたが、なかなかデザイン業務でも使える品質のものが見つからず時間がかかりました。
その時に見つけた「これは」と思えたフリーフォントを中心に、ポケットマネーでも買える低価格のフォントも含め、備忘も兼ねてまとめておきます。

フリーフォント

まずはフリーフォントから。

ALDI

Aldi

個人使用・商用利用無料。
やわらかく味のある雰囲気ですが、でもどこか丁寧さを感じます。字間を空け気味にしたほうが、このフォントの持ち味が引き出せそうです。
RegularとBoldの2ウェイトが揃っている点もいいですね。

ALDI

Bispo Nova

Bispo Nova

個人使用・商用利用無料。
過去の記事「【商用利用可】デザインで使いたい欧文フリーフォント10選」でもご紹介していますが、手書きのカリグラフィをベースに制作されたようです。本格的な雰囲気を持ちつつも、ほぼブロック体の字形を保っているので一定の読みやすさがあります。

Bispo Nova

FFAD Matro

FFAD Matro

個人使用・商用利用無料。
筆書きのような擦れや強弱が印象的な手書きフォントです。ヘタうま感がよい感じです。
Webフォントも同梱されていますので、Webサイトで使用することも可能です。

FFAD Matro

Good Foot

Good Foot

個人使用・商用利用無料。
やや太めのペンでなぐり書きしたような、味のあるデザインです。そこそこディテールが作り込まれているようですので、大きめに使っても耐えられそうです。

Good Foot

Jenna Sue

Jenna Sue

個人使用・商用利用無料。
いかにも手書き感のあるナローなフォントです。全体的に文字の幅が狭めで少し窮屈さがありますので、その点を意識しながら使うとよさそうです。
Webフォントが必要な場合は、10ドルで別途購入することが可能です。

Jenna Sue

Nairobi

Nairobi

個人使用・商用利用無料。
以前の記事「見出しに使えそうなフリーフォントが充実!Antonio Rodrigues Jr.com」でご紹介した、かなり幅のスリムなフォントです。いかにも手書きっぽい滲みがいいですね。

Nairobi

Pompiere

Pompiere

SIL Open Font License
お店の手書きPOPのように整形された感じの手書き風フォントです。使いどころが限られるような気はしますが、大きめのサイズで使うと、書き始めや「とめ」などのインクだまり感が感じられてよいかもしれません。
WebフォントがGoogle Fontsで公開されています。

Pompiere

Rock Salt

Rock Salt

Apache License 2.0
太く男性的な力強さが感じられるデザインです。なぐり書きした感じの勢いがあり、これはこれでユニークです。
文字数が増え、ディテールが強化されたOpenType版の「Rock Salt Pro」がMy Fontsで購入できます。また、WebフォントがGoogle Fontsで公開されています。

Rock Salt

Sketchetik

Sketchetik

個人使用・商用利用無料。
Helveticaをペンでトレースして塗りつぶした感じの、ほどよいラフさがあります。小さくすると手書き風のタッチが潰れるので、ディテールが感じられるように大きく使うとよさそうです。
Lightウェイトが無料、Regular、Bold、Blackとアウトラインだけの「Sketchetik Air Bold」が19ドルとなっています。

Sketchetik

Sketchtica

Sketchtica

個人使用・商用利用無料。
こちらもHelveticaベースのようですが、なぞり方が違うとずいぶん雰囲気も変わるものですね。

Sketchtica

billy

billy

個人使用無料。
商用利用の場合は商用ライセンスを購入する必要がありますが、5ポンド〜(900円/1ポンド=180円換算)という低価格です。
フェルトペンで書かれたような、どこか子供っぽさを感じるゆるくてかわいい雰囲気を持っています。ただ、拡大するとオートトレースのような甘さを感じてしまいますので、小さめの飾り文字として使うのが現実的かなと思いました。

billy

有料フォント

有料とはいっても、かなりリーズナブルなものだけに限定していますので、検討されてみてはいかがでしょうか。

Corradine Handwriting

Corradine Handwriting

要ライセンス購入(19.95ドル)。
やや硬めの印象の手書き文字ですが、ブロック体ベースで書かれているので日本人にも比較的読みやすいのではないでしょうか。
手書きの擦れ感を再現したラフなラインの「Corradine Handwriting Rough」もあり、印刷物に使用するのであればより自然な手書きっぽさを得られそうですが、Webデザインは解像度が低いので、かなり大きめのサイズで使用しないと違いがわからないのでは、という感じです。

Corradine Handwriting

Quickpen

Quickpen

要ライセンス購入(29ドル)。
女性的で、やわらかく自然な流れが印象的なスクリプト(筆記体)フォントです。
筆記体は日本人にはあまり馴染みがないので読んでもらえない可能性が高いですが、装飾としての用途であれば、ナチュラルなよい印象を与えることができそうです。
また、合字が用意されているので、より自然に見せることができる点もポイントです。

Quickpen

まとめ

品質重視でライセンスのはっきりしたものに限定してまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。フリーフォントでもよいものはよいですが、低予算でも有料フォントを視野に入れると選択肢が広がりますね。

ライセンスについては、いずれも確認時点のものをご紹介していますが、ご使用の際にはそれぞれのライセンス(規約)をご自身でよくご確認ください。

欧文フリーフォントをまとめた「【商用利用可】デザインで使いたい欧文フリーフォント10選」もあわせてどうぞ。