【商用利用可】グランジ系デザインに使えるフリーフォント12選


グランジ系やビンテージ系のデザインに使えそうな、商用利用OKのフリーフォントをご紹介します。

グランジ系のデザインをする際に重要な要素の一つとして、文字の要素があります。場合によっては、写真や背景よりもイメージを左右することも少なくありません。
いざという時のために、グランジ系欧文フォントを探してみましたのでまとめておきます。

サンセリフ系

Astonished

Astonished

ラウンドセリフ(丸ゴシック)の要素を持ちながら、縦横のラインで太さが大きく異なるなど好印象なデザインです。独特の世界観があり個性的ですが、使いやすそうです。

Astonished

Dirty Ego

Dirty Ego

コンテナに施されたステンシルのようで、タイトルやミリタリー系のデザインに使えそうです。

Dirty Ego

Downcome

Downcome

キズやインク汚れを思わせる処理が大胆かつ繊細に施されており、質感の高さが感じられます。グランジ的な処理は大胆ですが、ベースが読みやすい感じの文字なのでさまざまなデザインで幅広く使えるのではないでしょうか。

Downcome

Patchwork

Patchwork

荒い印刷のような、不均質な網点で構成されたユニークなフォントです。濃度のムラがあり、自然なかすれ感が演出されています。太めのサンセリフなので、例えば古びたポスターのイメージなどにあいそうです。

Patchwork

Shortcut

Shortcut

古くなり傷んだ看板や標識のような雰囲気があり、経年による劣化で剥げたような処理が施されています。細部まで作り込まれていますので、ある程度の文字サイズになるポスターなどでも使えるのではないでしょうか。

Shortcut

Top Secret

Top Secret

古びたスタンプのようなデザインで、文字のまわりを角丸四角形で囲めばいかにもそれらしくなりそうです。デザインのあしらいとして、スタンプを捺したようなイメージ作りで活躍しそうです。

Top Secret

セリフ系

Sears Tower

Sears Tower

タイプライターで印字したようなデザインで、実際に印字した文字をフォント化したのではないかと思えるリアルさがあります。古びた紙のイメージの上にこのフォントで文字を置けば、それだけで古びた感じのデザインができあがりそうです。

Sears Tower

Underneath

Underneath

かすれというよりは傷んだイメージのセリフ体で、どこか不気味な雰囲気が演出されています。Webフォントも同梱されていますので、ホラーや謎解き系などのWebデザインで積極的に使えそうです。

Underneath

Vinta

Vinta

Abobe Jensonというフォントをもとに、手書きで古びた感じの処理を施したというユニークなフォントです。クオリティは高いと思うのですが、かすれの処理がとても繊細なので、結構大きめのサイズで使用しないといけない点だけが少し残念です。

Vinta

Wanted

Wanted

名前の通り、ズバリWantedの張り紙のイメージそのものです。版画のようなかすれとDIY的な文字のアンバランスさが味を出しています。

Wanted

その他

Eraser

Eraser

名前は“消しゴム”ですが、クレヨンやチョークで書いたようなざらざら感のあるデザインです。小文字の「n」が鏡文字になっています。厳密にはグランジではないと思いますが、落書きっぽさを出すなどの使い方ができそうです。

Eraser

Harlott

Harlott

古典的なブラシのレタリングにインスパイアされたということです。一本一本のラインが不均質でベースラインが揺らいでおり、肉筆の雰囲気がよく出ています。

Harlott

まとめ

いずれも確認時点で個人利用/商用利用可のものに絞ってご紹介していますが、用途などによっては使用が制限される場合もありますので、ご使用の際には各フォントのライセンス(規約)をよくご確認ください。

手書き風の欧文フォントをまとめた「高品質!手書き風デザインの欧文フォントまとめ」もあわせてどうぞ。